住宅性能

住宅性能
建物を外からすっぽり包み込むから、断熱性・気密性、防湿性、難燃性に大変優れています。
外断熱工法外断熱工法とは、基礎から外壁、屋根まで断熱材ですっぽり覆うように(魔法瓶状態)施工する工法のことです。

従来、柱と柱の間に埋め込んでいた断熱材を、壁・柱の外側にすき間なく張り付けてしまうため、住まいの断熱・気密性能が格段に高まります。外の暑さ寒さに左右されませんから冷暖房費をおさえ、省エネを実現できます。また、部屋ごとの温度差を抑えますので、温度差による体調の不具合も心配せずにすみます。サッシや窓ガラスに付く結露の心配はほとんどなく、壁体内結露も解消できます。柱や土台が腐るのを防止するほか、カビ・ダニの繁殖も防いで、アレルギー疾患の改善なども期待できます。
快適な住環境を維持しつつ、地球環境にもとても優しい工法です。

日本の風土に合った外断熱
欧米で断熱方式といえば今は外断熱工法が主流となってきています。
これは構造体をすっぽりと包み込む「外断熱工法」は、構造体が外気の温度に左右されにくいため、家の骨格である構造体を外的環境の湿度、温度差から守る事が家の寿命を延ばすために重要な要素であり、高気密・高断熱の性能が高いほど家の寿命を延ばすからです。特に日本のような高温多湿の環境では、欧米の住宅性能を上回る高気密・高断熱が要求され、従来の断熱方法と比べて部材の伸び縮みが少なく、結露や熱欠損を生じにくいことからも、耐久年数の大幅な向上が可能であるとされています。
外断熱の利点
利点1
断熱材が家すべてを覆い尽くすので断熱のばらつきがない(完全断熱施工)
利点2
躯体を断熱材で覆うことが出来るので躯体を結露から守り耐久性を維持
利点3
壁内結露がないので細菌等の発生がなく安全・快適・健康である

株式会社タカオ設計では、両面に難燃加工特殊防湿面材を一体成型した専用断熱材を使用し、家全体をすっぽり包み込みます。
寒暖の差が大きく、湿気の多い日本の気候下でも、建物を熱や湿気から守り、長期間に渡って高い断熱・気密性能を維持します。
部屋間の温度差が少ない快適空間は、結露によるカビ・ダニの繁殖や、冷ショックによる健康被害を抑制します。

断熱性能
優れた断熱・結露防止性能で一年中、家の中はどこも快適温度
窓結露住まいを断熱材ですっぽり包みこむ外断熱工法により、夏は涼しく、冬は暖かい住まいを実現。
屋根・外壁・基礎部分に断熱材を張るとともに、窓もしっかりと断熱。
これにより、住まい全体が均一で快適な温熱環境に。部屋ごとの温度差や床面と天井付近の上下の温度差が抑えられ、ヒートショックなどを防ぎます。
基礎断熱
基礎断熱床下は部屋の一部と考え、基礎部分から断熱。
外部から入り込んで来る冷気や暖気をシャット・アウトし、計画的に換気することにより、結露や木材不朽を防止します。
砕石の上に、地面からの湿気の侵入を防ぐ防湿ポリエチレンシート(0.2mm厚)を敷き、その上に鉄筋入りベタ基礎を施工。
さらに外周の立ち上がり部分には30mm厚の基礎断熱材(硬質ウレタンフォーム)を採用。
基礎断熱材と防湿ポリエチレンシート、床下換気口がないため気密性に優れ、コンクリートの蓄熱効果により、床下空間は、ほぼ室内と同じ温度環境を実現しています。
冬場のフローリングでも足下の冷たさが、気になりません。夏は、室内の熱を土間が吸収し、涼しさを保ちます。
外壁断熱
外壁両面に難燃加工特殊防湿面材を一体成型した専用断熱材「アキレスボード外張り」を躯体の外側に施工します。ボードの長手方向には「相尺り加工」が施され、全ての目地部は気密テープで目地処理します。熱橋(ヒートブリッジ)による熱損失を抑え、断熱・気密工事の信頼性に優れます。
同時に、断熱材の継ぎ目や、窓などの開口部は気密テープで施工。徹底的にすき間をなくすことで、高いレベルの断熱性、気密性を実現します。
屋根断熱
屋根垂木を渡し、断熱受け材を取り付け、下地を整えた上に、50mm厚の断熱材を敷き詰め、さらにその上に通気層を確保するための通気胴縁を打ち付けてから、野地合板そして屋根材を施工。
垂木を二重で断熱するため、屋根に敷き詰めた断熱材は勿論、屋根と壁との断熱材の接合部にも隙間が出来ません。
夏の強い日差しもシャットアウト。通常の居室はもちろん、屋根に近い小屋裏やロフトでも爽やかな温熱環境を保つことができます。
また換気棟を設けることで、躯体内に熱気や湿気・水蒸気が滞らないように排出します。
関連記事